忍者ブログ
2017/01/17(Tue)
PR
2017/01/15(Sun)


あけてました。
今年も何卒よろしくお願い申し上げます。

2月のコミティアのスペースいただきました。
V22b「鬱鬱」です。
お隣は撫子さんです。

生活に支障をきたす趣味はつくってはいけないことを新年早々学びました。

2016/12/31(Sat)
まずは、booth、自家通販、ともに発送はすべて終了しております。
利用してくださった方、有り難うございました!届いていない・内容物が漏れている・乱丁など何かありましたらメールでご連絡ください。

-----

おおみそかです。
ふと思い出して『奇怪百景』頁のweb再録、pixivのリンクを繋げていなかったものを修正したりしました。公開方法に統一性がなくてすみません。

今年は商業でいろんな漫画を描かせてもらえて嬉しかった!につきます!ひとりで漫画を描いているので同じように漫画を描いている方と一言でも言葉を交わせたこともかなり大きかったです。これは私の一方的な喜びかもしれないですけれど…
あとは色を塗ることですね!
色を塗るって凄いことだなぁ…来年はもう少しモノにしたいです。

年末は美人盛りで。(クリックすると大きくなります)

左から獏(乙女先生ユメ語り)、蛇沢(やぶへび)、大林(六戸部記者の異常な愛情)、門田(焚書)、天骨(百々先生冥途ノ夢)、花森(奇怪百景)です。もりもりいっぱい描きました。

壁紙大もあります。(クリックすると大変なことになります)

私も一度設定してみて目がちかちかしたので実用性は低いです^^^^

それではみなさま良いお年をお迎えください。

なによりも健康第一です!(今年の総括)

2016/12/16(Fri)

【『百々先生冥途ノ夢』自家通販の希望を受付しています】(終了しました)



→こちらのフォームからお申し込みください。


16~18日まで購入希望を受け付けます。
これは先着順ではなく、予約という形です。希望数が在庫を上回った場合、抽選となりますのでご了承ください。
 
通販詳細はメールにて19日以降にお送りします。それ以降に本の代金と送料を振り込んでいただき、確認次第発送となります。発送方法はクリックポスト(164円)、支払方法はゆうちょ銀行振込のみとなります。(振込手数料はお客様の負担となります)
 
フォーム送信後、自動返信で受付のメールが届きます。届かなかった場合、送信できていない可能性があるのでnobarabara427@gmail.comまでお問い合わせください。
 
もちろんK-BOOKSさんでは5巻のみですが取り扱い中ですので、そちらもご利用ください。

ということでよろしくお願い致します。イベントで既刊の通販を気にしてくださった方、こちらを見て下さっていたら良いな~という気持ちです。

【追記】
希望者の方へは12/19に詳細メールを送信しています。
それに従って手続きしてください。
よろしくお願い致します。
2016/12/12(Mon)

【booth通販と百々先生のアンケート終了しました】

利用してくださった方、協力してくださった方、有り難うございます!通販の発送は随時行いますのでよろしくお願い致します。

百々先生冥途ノ夢』の既刊の自家通販ですが…

アンケートの結果、手元にある分で対応できる感じだったので16~18日の3日間に購入希望の受付をします。これは先着順ではなく、予約という形です。(希望数が在庫を上回った場合は抽選となります)
希望者へは19日以降に詳細を記したメールを返信しますので、それから振り込んでいただき、確認次第発送となります。発送方法はクリックポスト、支払方法は銀行振込のみとなります。
という予定です。アンケートに答えて下さった方ならびに興味のある方は16日以降にこちらをまた覗いていただければ幸いです。

もちろんK-BOOKSさんでは5巻のみですが取り扱い中ですので、そちらもご利用ください。

奇怪百景』の新作は年内にひとつ描きたいなぁという気持ちです。再録もまたしたい。
乙女先生ユメ語り』はさりげなく電子版で読めるようです。(有料です)
2016/09/25(Sun)

>『六戸部記者の異常な愛情』

『月刊花畑』で2015年4月~2016年3月まで描いていたweb漫画です。(他の方の作品は、Twitterのタグ#月刊花畑で読むことができます→宣伝漫画)ムトベ漫画本編は以下のリンク先で読めます。 
サイト版とpixiv版がありますがお好きな方でどうぞ。pixiv版には表紙がもれなくついています。

【サイト版】

2016/08/01(Mon)
>漫画雑誌『1月と7月』

8月ですね。

7月27日に発売された漫画雑誌『1月と7月』第5号に漫画を載せていただきました。『偽作舎』シリーズです。
▽1月と7月(http://1to7.jp/

園芸部がそろいました。
これまで『1月と7月』に掲載していただいた作品ともリンクしているので興味がありましたら以前の号もどうぞ。もちろんこれだけでも読めます。

ちなみに今まで『1月と7月』さんで描いた『偽作舎』シリーズの内訳は(カッコ内が監督生)

1号)リンデンとマルベリ(カイドウ)
2号)カイドウとマヒワ(カイドウ)
3号)聖歌隊と先生(ムクゲ)
4号)ヌカズキとカガチ(H)
5号)園芸部と花泥棒(カイドウ)

という感じ。

『偽作舎』のページも更新しました。
http://shimi.tsuchigumo.com/forger/
twitterでアップしていたログをまとめました。右メニューの一番下です!新しく絵も描きました~

『偽作舎』はwebでも読めるのですが、上の通り物凄い量なので…すぐわかる!偽作舎!的に紹介しますと、今回の話に繋がるのは右メニュー一番下のカテゴリ[偽作舎Ⅳ]特に「お茶とお花」です。ここだけ読めばあなたもわかる!…と思います^^

発売を記念してネットプリントのペーパーをつくりました。8/2まで(明日です!)です!入手方法は下の漫画を参照してください。

園芸部のミニキャラが出てくるので切り取って遊んでいただければ~飾っていただければ~いいな~という感じです。

こんなのです。

ジャンル:少年愛をよろしくお願い致します。




2016/06/26(Sun)
そういえば…
 
(実際よくわかりませんでした)

そんなわけで有り難いことに再び「人外と恋愛」がテーマのアンソロジー『異種恋愛物語集 第二集』に漫画を載せていただきました。(一迅社さんから6/25発売)

二度目があると思わなかったのでおじさまをまた描けて凄く嬉しかったです!今度こそちゃんと思うようなおじさまを!
しかし何よりこんな方々と一緒の本に載れたことが私には夢のようなことだったので…凄いなぁ(読み終わってぼんやり)。


以下twitterでの宣伝画像とらくがきまとめです。


「平面から立体になったときこれほど衝撃的なフォルムもないと思ったモン」

「たぶんキツネでもなんでもないので獣人とカテゴライズしてくださった編集さんは偉大です」

「おじさまとわたし」

「きゅっ」

「自分がアンソロで描いたものを思い出した時の気持ち」

「ゾエ怒ってませんから」


「本文見本に勝手な台詞を入れるターン」
   


「おじさまとわるいまじょ」
  


という感じです。

ジャンルの流行りが何かとかまったく知らないで生きているので、そういうのに敏感なひとは人外というジャンルで読んで下さるのかなと思います。
でも私とおなじでジャンルで読まない方にこそ読んでみてほしいなぁと思う一冊です。いろんな作家さんが考える人外との恋愛がどれもその方の考えでまとめてある感じが、よくある定型じゃない表現をしていて興味深いです。ジャンルとしては人外なんだろうけど、論文としてはあれだ!ちゃんと自分の言葉で書かれている!ってやつだ!それがアンソロの魅力なんだろうなと思います。

興味を持たれましたらどうぞ。

ゼロサム編集部さんのブログでは収録作品の紹介もされています。
http://ameblo.jp/comiczerosum/entry-12173586600.html
2016/05/28(Sat)


ということで、ゼロサム7月号に読切『乙女先生ユメ語り』が掲載されています。
これまでの宣伝漫画と絵をまとめておきます。別に本編を読まなくても読める漫画です。

一応、物語を説明しておきますと…


小説家の乙女先生が夢の中で助けた美人(乙女先生基準)がなぜか現実の世界に現れるんですが実は化物(乙女先生基準)だった…!という話です。


以下、クリックすると大きくなります。


枕崎くんは乙女先生の担当編集者です。(特撮マニア)

乙女先生の良さをアピールしないといけないのにすっかり忘れた結果。

乙女先生の良さは本誌を読んだひとが考えてくれると信じた結果。


以下原寸です。


「これがかつて聞いた”ありのままで”っていうやつなんじゃね?」 
  


枕崎「ソフビでおなか押したら音がするやつあるじゃないですか?アレみたいなので獏さんがあったら~」
乙女「いらないからね」
枕崎「つくりました^^」
乙女「無駄金!」


以上、夢とどら焼きと美人(?)のつまった話でした。


それから!
ゼロサム本誌にはすでに告知が出ているのですが、以前寄稿した『異種恋愛物語集』の第二集が6/25に発売されることになりました。私も引き続き寄稿しているので前回興味を持たれた方はもちろん、人外ものに興味のある方はチェックしてみてください。
ちなみに前回はこんなのを描きましたよ。(参考記事1)(参考記事2
今回描いたものについてはtwitterでまたつぶやいてゆきます。
2016/02/03(Wed)
先週発売になった『異種恋愛物語集』と『1月と7月』第4号関連の絵をまとめておきます。(漫画を載せていただきました)

毛色の違う2冊ですが、読んでくださった方がおられたら嬉しいです。 

どうですかどうですかと聞くのもナニだし前しか見ていないので過去を振り返らないんですが、読んでもらえると私だけでなく他の執筆者の方や編集の方が喜ばれると思いますので興味がありましたらどうぞ。(この中でこの方のが好き!とか見るとよかったよかったとなる)どちらも愛が詰まった本だと思いました。私はあんまり好きな何かを極められない人間なのでうらやましく感じます。今年は極めて行きたい。まずは花畑を耕します。
 

ADMIN WRITE
Powered by [PR]
 Design by Sky Hine PR:忍者ブログ